カード個別解説

キチキギスex【ポケカ】の性能を徹底解説します!

ポケモンカードにける、「ナイトワンダラー」にて登場したキチキギスex。現在、ともっこの3匹(イイネイヌ、マシマシラ、キチキギス)の中でも一番高値で取引されております。

なんで、その中でも、なぜキチキギスexが一番注目されてるのかの理由も添えて解説します。

キチキギスの性能紹介

ポケカ公式HPより引用

では、キチキギスについて解説していきたいと思います。悪タイプのHP210でexルールを持ったポケモンとしては、平均よりやや低めな水準で、闘弱点・抵抗力はなし。にげるエネルギーは1個となっております。

特性:「さかてにとる」が非常に優秀なポケモンとなっており、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていたら、自分の番に1度使えます。自分の山札を3枚引けます。なお、この番、すでに別の「さかてにとる」を使っていたなら、この特性は使えません。

同じキチキギスexを2匹並べてもこの特性を発動できるのは、どちらか一方だけということですね。

そして、ワザの方を見てみるとクルーエルアローというワザで、相手のポケモン1匹に、100ダメージ与えます(ベンチに攻撃する場合、弱点・抵抗力を計算しません)。

ベンチ狙撃可能なワザで、バトル場のポケモンをターゲットにする場合、弱点・抵抗力の影響を受けるちょっと珍しいワザかもしれません。

特性の影響で幅広いデッキに採用しやすい

ポケカ公式HPより引用

前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていた場合に、自分の番に1回使える条件で、山札を3枚引くという汎用性の高さがあります。

特に、非exポケモンをたくさん採用するデッキにおいて非常に相性の良い特性となっております。理由としては、倒されても取られるサイドカードの枚数が1枚となるためです。

毎ターン倒されやすいということは、それだけ特性「さかてにとる」を使うための条件が整いやすいということです。

そして、山札を3枚引けるというのが、デッキの安定感を上げるのに一役買ってくれますね。

ボスの指令プライムキャッチャーなどに注意

ポケカ公式HPより引用

非常に汎用性が高く強い特性であるがゆえに、バトル場にポケモンを引きずり出されてしまうサポートカード「ボスの指令」、グッズ「プライムキャッチャー」、そして、サイドが自分の方が多い場合に使えるグッズ「カウンターキャッチャー」。

これらのカードで相手は、バトル場に引き摺り出されて倒しにくる動きをとってくる可能性は高いです。

exルールを持っている中では、HP210と少し倒されやすいHPをしているため、ベンチに出す際は、ある程度の覚悟はしておきたいところです。

逆に言えば、キチキギスexがそれだけ強力な特性を持ったポケモンだということです。exルールをもったポケモンのため、サイドカードを2枚取りされてしまうので、相手にとってもボスの指令等のパワーを持ったカードを使うだけの価値はあるということですね。

キチキギスexの最大の強みをご紹介

ポケカ公式HPより引用

キチキギスの特性は、結構発動条件がゆるく、前のターンにキチキギスexがベンチにいなくても使えるため、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしてさえいれば、使えます。

なので、山札をひたすら引きたい場合は、例として、ネストボールなどで、山札からキチキギスexをサーチしてから、特性「さかてにとる」を使うことが可能です。

そして、条件がきぜつしたらなので、ダメージを受けてきぜつしようが、ダメカンを乗せられてきぜつされようが関係なく特性が使えます。

特性が発動できない落とし穴に要注意

ポケカ公式HPより引用

特性「さかてにとる」は、「前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていた時」という条件なのですが、絶妙にこの条件にならないきぜつのタイミングがあります。

それが、ポケモンチェック時によるどくややけどなどのきぜつになります。これは、相手の番にも自分の番にも該当しないので、わからない人は、稀に裁定はどうなるのか疑問に思うことがあると思います。

ちょっとややこしい部分ではあるので、知っておいて損はしないかもしれませんね。

キチキギスexについてまとめ

キチキギスexについてここまで書いてきましたが、特性さえ使えれば、かなり強力なカードとなっております。

最後に、キチキギスexに関する重要なポイントをまとめたいと思います。

キチキギスexのまとめ
  • キチキギスexは、特性「さかてにとる」で条件が整えば山札3枚ドローする効果が優秀なポケモン
  • 前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていることが条件なので、やや受け身ではあるが、特性自体は発動させやすいのが強み
  • 相手にとっては、ボスの指令などで最初に倒しておきたいポケモンである
  • 前のターンに、ベンチにいなくてもベンチに出して即座に特性が使えるので汎用性は高い

キチキギスexの特性「さかてにとる」は、かなり使いやすい特性なので、おすすめしたいですね。ドローソースが欲しいデッキを使うのであれば、ぜひとも採用を検討してはいかがでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です