カード個別解説

わざマシンデヴォリューションのポケカでの効果と隠された強さ

わざマシンデヴォリューションを使われたのを見たことはありますか?進化ポケモンを1進化前のポケモンに戻して進化ポケモンカードは持ち主の手札に戻るというもので、一見すると戻すことに意味があるのか?と思われがちですが、特定の条件下で真価を発揮します。

今回は、そんなカード、わざマシンデヴォリューションの秘密に迫っていきたいと思います。

わざマシンデヴォリューションの効果

ポケカ公式HPより引用

わざマシンデヴォリューションは、ポケモンのどうぐに分類されるカードで、名前の通りわざマシンという特殊な道具に分類もされるカードで、他のポケモンのどうぐと違い、ポケモンに付けたターンの終了時に、トラッシュに送られるカードです。

そして、このカードの効果は、特定の技をエネルギーが足りていれば使えるようになるというものです。このカードの技は、無色エネ1個という表記なので、何のタイプのエネルギーでも1つ付いていれば使えるという意味ですね。

デヴォリューションという技が使えるようになり、効果は相手の進化ポケモン全員の上から、それぞれ「進化カード」を1枚ずつはがして退化させて、その後はがしたカードを相手の手札に戻すというもの。

進化したポケモンを手札に戻すということで、一見すると、あまり意味のないような気もしますが、次の項目のような意味があります。

わざマシンデヴォリューションの本当の強み

このカードの真価は、主に相手の進化ポケモンがどのくらいダメカンが乗っているかにかかっています。

進化前ポケモンのHPがかなり低い水準にあった状態でデヴォリューションを受けると、なんとHPが溢れかえってしまい、きぜつさせることができてしまいます。

さらに、相手のバトル場だけでなく、ベンチ全体にも効果が及ぶため、何匹かある程度のダメカンが乗っていた場合、同時にきぜつ状態になる可能性もあります。

ただ、ルールをもっている状態から通常ポケモンに戻るケースもあるため、取れるサイドの数は減ってしまうこともありますが、そこも面白いところでしょう。

ふしぎなアメで1進化目をとばしたポケモンにも有効

ポケカ公式HPより引用

また、ふしぎなアメで進化したポケモンにデヴォリューションの技を打つと、再度ふしぎなアメを引くか、1進化させる手間を再びかけさせることも可能です。

これらのデヴォリューションの効果を見てみると退化させることというのも案外盤面をひっくり返すパワーがあるケースもあることがわかると思います。

筆者も直近のジムバトルで、このデヴォリューションを使って、大逆転劇を見せて最終的に負け確定状態から脱して勝ったことがあります。

そのため、使い方によっては、非常に化けるカードの1枚と言えるでしょう。

わざマシンデヴォリューションの弱点

ポケカ公式HPより引用

進化させる必要のないポケモンで組まれたデッキには、全く意味を成さないカードに成り果ててしまうので、この点は注意が必要です。

特に、進化を必要としないテツノカイナexなどのポケモンは、相手のポケモンを倒した時に1枚多くサイドカードを取ることが可能となる技、ごっつぁんプリファイが使えるので、非常に相性の悪いポケモンとなるでしょう。

ガチデッキで名を馳せたイダイナキバLOデッキにも進化させるポケモンがいないデッキには使えないので、その点採用する際は、枚数をあまり多く採用するカードではないかもしれませんね。

わざマシンデヴォリューションの強みまとめ

ここまで、わざマシンデヴォリューションについての強み・弱点について解説してきました。最後に、忘れないようにポイントをおさらいしておきましょう。

わざマシンデヴォリューションの強みまとめ
  • わざマシンデヴォリューションの効果は、場全体の進化ポケモンを1枚ずつ相手の手札に戻す効果がある
  • 1進化前のポケモンのHP以上のダメカンが乗っている場合に退化させた場合、きぜつ扱いとなる
  • ふしぎなアメで進化させたポケモンに対しては、相手の手札に戻すだけでもう1度進化させる手間を増やさせるという効果もある

デッキに1枚忍ばせておくと時に相手に壊滅的な状況に持っていくことも可能なので、ぜひ一度、刺さるデッキに試してみると面白いかもれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です