カード個別解説

ともだちてちょう【ポケカ】は1デッキに1枚刺しとくと便利?

今回は、ともだちてちょうについて書いていきたいと思います。これがあると、どうデッキに作用するのかを解説していきたいと思います。

これを読めば、どういうデッキにともだちてちょうが入るのかがわかるようになると思います。では、早速見ていきましょう!

ともだちてちょうの詳細

ポケカ公式HPより引用

ともだちてちょうは、グッズに分類されるカードで、自分の番に何枚でも使えます。そして効果は、自分のトラッシュからサポートに分類されるカードを2枚まで選んで、相手に見せて、山札に戻して切るといったものです。

トラッシュにあるサポートカードを2枚まで、デッキに戻すことができるいわば、サポートを主体として戦うデッキにおすすめのカードと言えるでしょう。

基本的には、デッキに1〜2枚もあれば十分なカードであり、汎用性の高いグッズカードです。サポートカードで強力な「ボスの指令」や古代デッキで優秀な効果を持った「オーリム博士の気迫」などをデッキに戻して再度使う時用に使えるカードとなっています。

トラッシュにカードが肥えてきた、対戦の中盤から終盤で使うことが多いカードとなるでしょう。

ともだちてちょうの上手な使い方

ポケカ公式HPより引用

一見すると、サポートカードをデッキに戻すだけの効果をもったカードです。

ですが、一工夫すると、好きなカードのサーチ効果をもつ特性のexルールポケモンの「ピジョットex」。

山札を上から7枚引いてその中からサポートカードを1枚手札に回収できるグッズ「ポケギア3.0」。

これらのカードを同時に使うことで、即座に山札に戻したカードを手札に回収し、すぐに使うことが可能です。

ともだちてちょう単体で使うことよりも、カードが整った終盤に他のカードと組み合わせることによって、非常に強力なカードに化ける可能性をもっております。

勝負に王手?ボスの指令との凶悪コンボ

ポケカ公式HPより引用

トラッシュにすでにボスの指令があり、相手のポケモンを確実に倒して試合を勝利に導くために、最後の1押しとして、前述したともだちてちょうでボスの指令を使えれば、非常に強い動きとなります。

もちろん、条件としては、デッキから必ずサポートカードをサーチできる状況が必須にはなります。

ボスの指令は、相手のベンチポケモンをバトル場に引きずり出す効果があり、ダメージを負ったポケモンやこちらが必ず倒せるポケモンが相手のベンチに存在する場合、確実にサイドカードを1〜2枚取ることが可能となっています。

オーリム博士の気迫が使える回数を4回から最大6回に

ポケカ公式HPより引用

古代バレットデッキにて、非常に強力なサポートカードである、オーリム博士の気迫。基本的には、1ターンに1回使えて、トラッシュにある基本エネを場のポケモンに2体に付けるエネ加速後、山札から3枚カードを引く効果があります。

非exポケモンを使うことが多い古代バレットデッキにおいて、場持ちが悪い古代ポケモンにガンガンエネ加速を行うために、毎ターンいたいと思うはずです。

そのために、4ターン連続でこのカードを使い終わった後に、エネ加速手段が限られてしまいます。

そんな時、便利なカードが今回紹介したカードともだちてちょうです。

1枚あるだけで、もう2回オーリム博士の気迫の効果が使えるようになるわけです。6回も使えれば、大体対戦が終わるタイミングになるので、上手いこと繋がっていくことになります。

オーリム博士の気迫については、よかったらこちらの記事を参照してみてください。

オーリム博士の気迫の使い方と強さを解説します【ポケカ】オーリム博士の気迫は、古代デッキ、もしくは環境で言うところのトドロクツキデッキでの必須級のカードです。 今回は、そんなオーリム博士...

ともだちてちょうのまとめ

ここまで、グッズカードであるともだちてちょうについて解説してきました。デッキの縁の下の力持ち的なポジションであるこのカード。

上手く使いこなせば非常に強力なカードに化ける面白い性能をしているので、デッキに1枚あるだけで、時に勝利に導いてくれるかもしれません。

最後に、ともだちてちょうの重要なポイントをまとめたいと思います。

ともだちてちょうのまとめ
  • ともだちてちょうは、トラッシュにあるサポートカードを2枚まで山札に戻せる
  • 他のサーチカードを駆使して、確実に手札に回収することも可能
  • ボスの指令がトラッシュにある場合、サーチカードと組み合わせることで非常に強力な動きが可能

終盤のいざという時、応用が効きやすい便利なカードとなっているので、非常に面白い動き方ができるカードなので、1枚デッキに入れておくと安定感が増すかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です