カード個別解説

オーリム博士の気迫の使い方と強さを解説します【ポケカ】

オーリム博士の気迫は、古代デッキ、もしくは環境で言うところのトドロクツキデッキでの必須級のカードです。

今回は、そんなオーリム博士の気迫がなぜ古代系統のデッキに必須なのかなどの解説をしていきたいと思います。

オーリム博士の気迫について

ポケカ公式HPより引用

オーリム博士の気迫は、サポートカードでかつ「古代」に分類されます。それでは、オーリム博士の気迫そのもののカードのテキストを見ていきましょう。

自分の場の「古代」に分類されるポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつ付けます。その後、山札から3枚カードを引きます。

トラッシュにエネルギーがあることが条件にはなりますが、これ1枚で場の「古代」ポケモン限定とはなりますが、エネ加速・手札補充(デッキ圧縮)を同時に出来る非常に強力なカードです。

また、トラッシュに基本エネルギーが2枚以上あることが理想的ではありますが、状況によっては、基本エネルギーが1枚だけでも、速攻で使ってエネルギー加速しながら山札を3枚カードを引くことが可能です。

古代ポケモンをメインにする際は必須級カード

ポケカ公式HPより引用

例として、トドロクツキexやウガツホムラexといった上記のカードのような、古代ポケモンをメインで採用する際は、オーリム博士の気迫をサポート枠として何枚か採用するといいかもしれません。

理由としては、オーリム博士の気迫は、基本エネルギーであれば、トラッシュからどのタイプのエネルギーを付けることだってできると言うのが大きいです。

そう、ダークパッチなどといったベンチの悪ポケモンにトラッシュの悪エネルギーを付けるといった限定的なものではなく(代わりにグッズに分類されるので何枚でも1ターンに使えますが)汎用性が高いサポートカードになりますね。

場の古代ポケモンであれば2匹まで指定可能なので、エネ加速と山札から3枚引くことで手札補充を同時にこなすことができます。

かがやくルールポケモン枠はゲッコウガと相性がいい

ポケカ公式HPより引用

このかがやくゲッコウガですが、他の記事でも度々出てきますが1ターンに1度、特性:かくしふだで、手札にある基本エネルギーをトラッシュに1枚送ることで、山札から2枚カードを引くことができます。

手札に複数枚の基本エネルギーがある場合、かがやくゲッコウガのかくしふだを使う→オーリム博士の気迫の気迫によって、トラッシュしたエネルギーを古代ポケモンに付けて山札からカードを3枚引く→手張りで古代ポケモンにエネルギーを付けるといった芸当ができるようになります。

基本エネルギーが十分ある中で、大地の器やハイパーボールなどのトラッシュに2枚基本エネルギーを送ったりすることで、さらにオーリム博士の気迫を使いやすくすることが可能となります。

古代デッキでネストボールがある場合、第一にこのカードを山札からサーチしてベンチに出すことを最優先事項とするのもいいでしょう。

付与エネルギーの対象がベンチ限定じゃないのも好印象

ポケカ公式HPより引用

「オーリム博士の気迫」の強いところは、ベンチ限定ではなく、バトル場のポケモンにも基本エネルギーを付けることができる点です。

バトル場の古代ポケモンに付けられるので、ポケモンいれかえなどの入れ替え札を使うことを使わずに、即座にバトル場のポケモンを攻撃準備体制にできる点は非常に重要になると思います。

前述もしましたが、ダークパッチなどの場合は、ベンチでなおかつ悪ポケモンにしか付けられないので、かなり限定的になります。

ただ、グッズという点で差別化はできているので、これはこれで、トドロクツキなどを採用しているデッキであれば、オーリム博士の気迫との同時採用は全然ありかもしれませんね。

オーリム博士の気迫のまとめ

オーリム博士の気迫は、古代デッキの要のサポートカードなので、使うことを考えている人は、何枚か集めておきましょう。

では、最後にポイントをまとめて終わりたいと思います。

オーリム博士の気迫のまとめ
  • オーリム博士の気迫の効果は、トラッシュから基本エネルギーを2枚まで、場の古代ポケモンに1枚ずつ付けた後に山札から3枚カードを引く
  • かがやくゲッコウガの特性:かくしふだを使えば、使用条件をすぐ満たすことが可能
  • 状況次第では、トラッシュに基本エネルギーを1枚だけ古代ポケモンに付けて3枚カードを山札から引く方がいい時もある
  • ベンチに限定されるわけではないため、即座にバトル場のポケモンのエネルギーを整えてワザを撃つことができる強みもある

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です