カード個別解説

オーダイルのトレントハートの強さや応用力の高さを解説します!

あなたは、オーダイルのデッキを見たことがありますか?特性が使える状態であれば、非常に火力の高い非ルールポケモンとなっております。

今回は、オーダイルに関係する情報の紹介をしていきたいと思います。

オーダイルのスペックとトレントハート

ポケカ公式HPより引用

では、オーダイルについて見ていきましょう。HPが180の2進化ポケモンで水タイプです。弱点は、雷で、抵抗力はなし。逃げエネはやや重く、3個となっています。

そして、注目したいのが、特性のトレントハートです。自分の番に1度だけ使える特性で、まずこのポケモンにダメカンを5個乗せます。

乗せた場合、この番、このポケモンの使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+120」されます。この特性を使って、技・おおなみを使えば、もともとのダメージの160に+120され、VやVSTARの大半のポケモンを非ルールポケモンでありながら、ワンパンも可能となっています。

ダメカンを5つのせるため、場持ちは良くないですが、残りHPが130となるため、闘テラスゲッコウガexのぶんしんれんだ(場のポケモン2体に120ダメージ)やかがやくゲッコウガのげっこうしゅりけん(場のポケモン2体に90ダメージ)のダメージ圏外となるため、絶妙にバランスがいいです。

わざマシン「かじばのいっぱつ」で・・・

ポケカ公式HPより引用

オーダイルを使ったデッキであれば、よっぽどの事故が起こらない限りは、強いデッキとの対戦であれば、接戦となるケースが多いため、サイドカードが相手は1枚、こちらは2枚などといった状況ができるかもしれません。

そんな時に、逆転勝利の可能性を秘めたカードがあります。それが、わざマシン かじばのいっぱつです。

特性:トレントハートの効果の対象となるため、相手のバトルポケモンに対してのダメージが一気に400ダメージとなるため、exポケモンのゴージャスマント装備といったことが無い限り、ワンパン出来ると思います。

ただ、プライムキャッチャーが多い環境のため、大体のケースで400ダメージを叩き込んでワンパンできると思います。

ジーランスの特性とのコンボが非常に強力

ポケカ公式HPより引用

オーダイルの特性の効果は、このジーランスと非常にシナジーが良く、ふしぎなあめを使わずに、正統にアリゲイツから進化させてオーダイルにした場合、アリゲイツのもっていたワザ、ぎゃくふんしゃが+120されて使えます。

ベンチに戻りながら150ダメージを与えるというベンチのポケモンと入れ替わる技とは思えない火力がでます。

オーダイルで攻撃しながらベンチに逃げることで、倒しきれないポケモンに対して、再び殴りに行けるという寸法です。

他にも、進化元として、ワニノコを必ず素材にしていると思うので、ワニノコのワザである、かじりつくを使い、相手の交代をロックして、1ターン稼ぐというテクニカルな戦術が使えます。

オーダイルデッキとは相性の悪いデッキ

ポケカ公式HPより引用

相手に使われる場合、サバイブギプスとは非常に相性が悪いカードとなっております。相手がサバイブギプスを使う側である場合、ワンパン圏外となるため、1ターンサイドカードを取れず、サイドレースに順当に負けてしまう可能性もあります。

他にも非ルールポケモンを使ったデッキとして、展開が非常に早い古代バレットデッキにも展開スピードがやや劣るため、やや不利なデッキと言えるでしょう。

オーダイルと特性:トレントハートについてまとめ

オーダイルとトレントハートまとめ
  • オーダイルは、特性:トレントハートによる火力アップが魅力的なポケモン
  • 非ルールポケモンにしては、水エネ2で160ダメージというワザ・おおなみをもっており、連発こそできないがコスパが非常に良い
  • ジーランスをベンチに置くことにより、特性:きおくにもぐるにより、おおなみ以外の進化前ポケモンのワザを特性:トレントハートで火力を上げながら撃てる

非ルールポケモンとしては、破格の火力のあるオーダイル。あなたもぜひ一度デッキを作ってみてはいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です