カード個別解説

ボウルタウンってどういうカード?効果などを解説します!【初心者向け】

対戦をしていく中で、おそらく見かける頻度の高いであろうスタジアムカード。それがこのボウルタウンになります。

今回は、ボウルタウンの効果やどういったデッキに使われるか、そしてどのような特徴があるかなどを解説していきたいと思います。

ボウルタウンの効果について

ポケカ公式HPより引用

早速、ボウルタウンの効果を見ていきましょう。このカードは、スタジアムに分類されていて、スタジアムが貼られている限り、お互いの番に1度ずつ効果が使えます。

自分の山札からたねポケモン(「かがやく・ex・Vなどのルールを持つポケモン」はNG)を1枚選び、ベンチに出せます。その後、山札を切る。といった具合です。

なお、ルールを持つポケモンがダメなだけなので、特性をもったポケモンは大丈夫ですので、最初はちょっとややこしいですが覚えておきましょう。

相性のいいデッキ

ポケカ公式HPより引用

ルールをもっていないたねポケモンを1ターンに1度呼べるので、進化させたいポケモンをできるだけ並べたいデッキや非ルールであるポケモンをメインに戦うデッキなどに採用されやすいです。

代表的な例を挙げれば、環境で猛威を奮っている、ピジョット&悪テラスタルリザードンデッキとかですね。進化前のヒトカゲやポッポを呼び出すのに重宝します。

あとは、筆者である私が好んで使っている古代バレットデッキにも相性はいいですね。基本的に、最初の文章の後者にあたる「非ルールであるポケモンをメインに戦うデッキ」方に該当していますね。

たねポケモンを呼べるということで、デッキが事故った時やさらにたねポケモンを展開する際に非常に重宝するスタジアムカードとなります。

ちょっと待った。ボウルタウン容易に使って大丈夫?

一見すると、非常に安定感のある有能なカードに見えます。が、落とし穴もあり、それがスタジアムであることです。

最初に効果を説明しましたが、こちらが展開できるだけでなく、相手にも呼びたいポケモンを呼ぶことを許してしまいます。効果自体が優秀がゆえに相手にも利用されやすいスタジアムになります。

どんな相手が来ても大丈夫なデッキやポケモンを採用しているのであれば、迷わずにスタジアムとして使ってもいいでしょうが、タイミングが重要となってきます。

理想的なボウルタウンの使い方は、スタジアム破壊効果のあるワザを使って自分のターンを終えることですね。

こうすることで、相手にアドを取らせることなくボウルタウンを自身だけで完結させることができます。

相手がボウルタウンを使ってきたら利用しちゃおう!

初心者あるあるなのですが、相手の貼ったスタジアムの効果を使うの忘れがちというのがあります。

ボウルタウンも例外ではなく、自分が使うのを忘れてしまったら、相手にだけ有利な展開を作るのを許してしまうことになります。

そして、スタジアムを貼り替える際は、自分の盤面が有利になる場合は、ボウルタウンの効果を使ってから、貼り替えるように心がけましょう。

ボウルタウンのまとめ

ここまで、ボウルタウンに対する解説をしてきました。最後に、ボウルタウンに関する情報をまとめをしてみましょう。

ボウルタウンのまとめ
  • ボウルタウンは、非ルールのたねポケモンを山札からベンチに呼ぶ効果がある
  • 1ターンに1度使えるので、非常に安定感がある
  • 毎ターン使えるのは魅力的だが、スタジアムなので、相手にも使われることが多い
  • デッキの相性次第では、相手にも有利になるケースがあり使いどころが重要

相手にも使われるかもしれませんが、展開するのに、非常に強力なカードです。特に最初の内は、ベンチにポケモンが枯渇しては話にならない可能性もあるので、積極的に使っていきたい気もしますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です